HOME>トピックス>必要な機能を備えていなければ在庫が温度変化でダメになる可能性がある

場所にあったものを注文する

所有地や工事現場などでちょっとした倉庫を確保したいときには、プレハブやテントを使うよりもコンテナを利用するのがおすすめです。コンテナは販売業者を利用すると新品から中古品まで幅広く選ぶことができ、利用する場所によって細かく注文することができます。

保管する場所の温度に注意する

より安いコンテナを求めることは当然ですが、安さ以外にも利用するスタッフの意見をしっかり聞き、必要な機能を持ったもの販売会社から買わなければいけません。夏場などに資材を置く場合、空調がなければ品物が熱でダメになることがあり、逆に寒さで凍結するリスクもあるので気を付けましょう。

スケジュールに合った倉庫の注文

ずっと会社や事務所の敷地内に置く場合は気にする必要はありませんが、工事現場など、期間限定で倉庫としてコンテナを使う場合があります。その際は工事の期間をしっかり把握し、終了後に速やかに撤収できるように販売会社に注文しなければいけません。現場によっては施工が終わったと同時に撤収をしていなければならないこともあるので、しっかりとスケジュールを確認しておきましょう。

広告募集中